小田島民芸所・金ベコ・忍び駒・鹿踊り・十二支

トップページ > 商品案内
黄金牛(金のべこっこ)

黄金牛(金のべこっこ)

古来岩手(南部藩)は産金国として栄え、その砂金や塩の道の物資運搬などに南部牛が活躍し、その南部牛の象徴的民芸品です。

忍び駒

忍び駒

花巻の円方寺観音の伝説に縁結びの使者として伝わる藁の駒で、人目を忍んでお供えし(忍び駒)祈願成就の時は美しい布や鈴を付けてお礼参りをしました。1966年(昭和41年)には年賀切手の図案に採用されて居ります。

鹿踊り

鹿踊り

岩手県の無形民俗文化財に指定されている民俗舞踊で勇壮な太鼓踊り(春日流)を和紙で表現して居ります。

十二支

十二支

遠い昔から人間社会に欠かす事の出来ない神様として人の運勢を十二種類の干支に託し時を刻み福運を運んでくれる縁の深い干支人形です。(和紙はりこ)

銀河鉄道に乗った猫

銀河鉄道に乗った猫

銀河系の宇宙空間に存在しもの思いに耽って居るそんなメルヘン猫を和紙で表現しています。

子供用鹿踊り・頭部と背部

子供用鹿踊り・頭部と背部

幼児様の郷土芸能鹿踊りの頭部と背中のササラの衣装をより本物に近く創っています。